自分
男女
家族
仕事
事業
☆自分
 1 自分との付き合い方を知りたい。
 2 人生に疲れた。心が疲れきってしまった。
 3 自分のやりたいことが分らない。
 4 どんな分野が自分には向いているのかがわからない。
 5 将来が不安である。
 6 常に心にある不安感を払しょくしたい。
 7 どのように活動していけば自分に自信がもてるようになれるのか。
 8 家族とうまくやっていきたいと思うがどうしてもうまくいかない。
 9 自分がいやでたまらない。
10 どう生きたらいいかがわからない。
11 人生をリセットしてやりなおしたい。
12 人生の岐路にたっているがどう進めばよいかがわからない。
13 自分がわからない。
14 人の気持ちがわからない。
15 自己重要感が感じられない。
16 今、自分にはどういう周期が来ているのかを知りたい。
17 誰かに元気にしてもらいたい。
18 どうしたら傷つかないようになるのか、そのすべを知りたい。
19 進路を決めたいが悩んでいる。
20 我武者羅できたが、先のビジョンがぶれてきている。
21 自分を信じきれなくなってきている気がして嫌だ。
22 方向の再確認をしたい。
23 
何をやったら自分の心が満たされるかがわからない。
24 自分の人生は軌道に乗れた試しがないと半分諦めてきている。

25 
成功を信じているが不安にかられている。
26 今年の自分の感情周期の運気を最大限に利用した動き方になるのか。
27 生きがいをみつけられない。
28 何に興味があるのかが良く分からない。
29 長所 短所が良く分からない。
30 人との距離がはかれない。

31 体調が悪いが、体とどう付き合えばよいかを知りたい。
32 どこが身体の弱いところか知りたい((=日ごろから予防が必要な場所)。
☆男女   
 1 性格の相性
 2 協調性の相性
 3 セックスの相性
 4 波長の相性
 5 浮気性かどうか
 6 彼、彼女の気持ちがわからない。
 7 彼が本当はどういう性格なのかがわからなくなってしまった。
 8 彼が本当はどういう性格なのかがわからなくなってしまった。
 9 このまま付き合っていくべきかどうかで悩んでいる。
10 彼/彼女は結婚する意志があるのかを知りたい。
11 彼/彼女は結婚する意志があるのかを知りたい。
18 好きな人がいるが、相手はいま恋愛モードの周期が廻ってきているのか知りたい。
19 彼/彼女はどんな人に惹かれる傾向があるのかを知りたい。
20 彼/彼女はどんな人に惹かれる傾向があるのかを知りたい。
21 自分の恋愛運
22 自分の結婚運、結婚する時期を知りたい。
23 漠然とした不安感に苛まれる。
24 夫/妻が分からなくなってしまった。
25 夫/妻との付き合い方がわからない。
26 夫/妻 今年の感情周期を知りたい。
☆家族  
  1 夫婦げんかが絶えないが、どうして良いかわからない。
 2 離婚を考えているが、考え直したほうが良いかで悩んでいる。
 3 子供が分らない。
 4 主人の気持ちがわからない。
 5 妻の気持ちがわからない。
 6 不況のあおりをうけているがこの先が不安である。

☆仕事   
  1 嫌な上司・同僚との人間関係に悩んでいる。
 2 会社を辞めたいが、今やめるべきかどうかで悩んでいる。
 3 人事関連全般 適材適所にするには。
 4 大きなプロジェクトを起こす時期を知りたい。
 5 どの人材を残したらよいのか。
 6 社長、上司、部下の性格、心根の傾向を知りたい。
 7 仕事の運気の流れ
 8 会社経営上の運気を知りたい。
 
☆事業  
  1 店舗を広げてよい時期か知りたい。
 2 店舗を縮小するべきかを決めかねている。
 3 
人事(最適) 人材を見極めるのに四柱推命で性格、資質をしりたい。

四柱推命や易の活用方法がまだまだ世間には知られていないのが現状です。

割り切れる人生がないように、割り切れないものへの感じ方に役立ちます。

不思議なことだとお感じになるかもしれませんが、四柱推命はその人の素質、性質の70〜80%がわかります。従って、自分の心の習性、癖などを客観視することができます。

自己分析や他者の心理を分析するのにズバヌケた的中率を発揮します。

もうひとつは、人間にも運気の流れがあるということを示唆しており、人には、個人個人に異なる運気の流れ、言い換えれば人生の
春夏秋冬があることを告げています。

例えば、人間関係に戸惑いを感じている人は、まず自分を客観的に見つめることが大切です。

自分との付き合い方、
自分との接し方、
自分との折り合いのつけ方、
これらを知る事こそが何よりも先に行うステップなのではないかと私は思います。

次に他者との付き合い方です。

自分がしっかりと分かれば、人との付き合い方が見えてくるはずです。






役立つ鑑定となるために

四柱推命、易は、貴方の人生をより良い人生にするために、貴方が貴方の人生をどうプロデュースしていくか、先人たちが残してくれた貴重なものを活用し、それらを貴方がいかに役立たせるかというものです。

分り易く例をあげますと、易占は、何かの結果、勝敗の結果、試験の合否などの結果だけを判断するようなものに利用するものではありません。なぜならば、占いの判断でその試合の勝負に勝つと出たら、きっと気が緩み、安心してしまうことでしょう。その勝負に負けると出たら、無駄だと考え、もう努力はしないのでしょうか。その判断によって何も得るものがないような、何の役にも立たないような質問の仕方となってしまいます。

この世の中に、もしもそういったことを正確に言い当てられるものがあるとしたら、この占いはそういったものを正確に言い当てるようには出来ていないということをご理解頂きたく思います。




この占いをする場合、以下のような問い方が有益な情報を引き出すものです。

参考例 
・このままの勉強の仕方でこの試験に受かるであろうか?
・この試合に勝つためにはどう努力したら良いのか?
・このプロジェクトを成功させるにはどうしていったら良いのか?
・今の彼と上手くやっていくにはそういう心構えでいることがよいのか?
・果たして今の彼と続けていくことが自分にとって良いのでしょうか? 
・彼とけんかしてしまったが、どういうふうに接してみたらよいのか。  

この占いは、貴方のおかれている現状を合わせていけばいくほど、貴方にとって有益となる情報が引き出せていくものです。


あなたの最大の味方の立場となって、本気で鑑定に臨みます。


言うまでもなく、守秘義務は固く守らせて頂いております。


まだまだ活用方法はありますが、この辺で。。



こんな時に活用しよう!